専門部・委員会 活動計画(平成22年度)

1.競技部
  (1)JDSF公認・承認・競技会の開催
  ・第20回ベイサイド杯争奪DS競技会   2010/06/06(日) 文化体育館(1200名予定)
  ・第15回YOKOHAMA赤い靴杯DS大会  2010/09/12(日) 文化体育館(1200名予定)
  ・第12回横浜市民DS選手権大会      2010/12/12(日) 神奈川スポーツセンター  
   第8回横浜市民マスターズ選手権大会                  (350名参加予定)
(2)競技会以外の活動計画
  ・横浜市DSF競技部会開催(2ヶ月1度)主旨は円滑な競技会開催を目的とした
   規定の勉強会と競技会開催の計画および準備。
  ・2ヶ月に一度の神奈川県DSF競技部会に参加する、県との交流と外部情報を得る。
  ・年間JDSF公認競技会参加申込み受付
  ・県連主催競技会など役員派遣をする。
 
2.指導部
  (1)講習会 指導員派遣
  ・初心者講習会 毎週火曜日14:00~15:30 平沼レストハウス    年3期 10名
  ・入門コース   毎週木曜日18:00~19:15 港南スポーツセンター  年4期 40名
  ・基礎コース   毎週木曜日19:30~20:45 港南スポーツセンター  年4期 50名
(2)指導員派遣拡大事業
  ・18区地区センターへ公認指導員派遣案内を郵送。
  ・第2,3回目は12区地区センターへ郵送。
(3)市指導部 部会開催  必要に応じて開催する。
(4)22年4月10日 講習会(HG2、G1)     男女参画センター横浜
(5)22年9月25日 横浜DS連盟指導員勉強会 フォーラム南大田 
(6)神奈川県指導部会への出席 
(7)年4回公認指導員研修会の会員に連絡及び取りまとめ県に報告、
  また、近県の公認指導員研修会の連絡 
(8)神奈川県指導部会への出席 
(9)神奈川県DS連盟開催事業への協力
  ・公認指導員研修会 年4回 役員派遣
  ・公認指導員研修会 第3回 会場確保の協力(次年度)
  ・新規指導員講習会 年3日間 役員派遣
 
3.登録管理部
  (1)会員登録、選手登録、変更登録に関し
  ・各サークルからの申請の受理ならびに登録料の管理
  ・会員証・認定書を県登録管理部から受領後、各サークルへの配布
(2)毎月末ごとの会員数・選手数の報告
 
4.事業部
  (1)県事業部会主催の行事参加
(2)第4回ふれあい大舞踏会     H22年12月4日(土) 神奈川SC 300名参加
  ・会員相互の交流をはかる
  ・JDSF会員拡大の増進
 
5.技術認定部
  活動目標  非会員の技術認定受験者:10名以上、 全受験区分:100区分以上
活動項目  以下のとおり
(1) 認定会の開催   1回以上 ・5月1日「第7回横浜市特例技術認定会」決定
(2)「技術認定会&講習会」をセットで「ダンス愛好家」にPRする。
  ・2月準備 、ダイレクトメール、各サークル(常務理事会)に宣伝。
  ・3月、4月で 講習会を集中実施。
(3)「サークル」「協会」が 主管 する特例技術認定会をH23年度に実現する。
   (会場確保はH22年度 第2体育室程度 1日間 確保する。) 
   前半期で 「マニュアル」を作成する。
(4)「認定会」の「認定員」「役員」の決め方の「マニュアル」化。
  ・市連会員の「認定員資格者」が平等に「認定会受験者を養成し、協力」
   していけるように、ローテーションを考慮した「マニュアル化」。
(5)認定会受験者を養成し、合格したときに、その「サークル」「協会」を支援する、
   「奨励金制度化」をする。
  ・H21年度「第6回横浜市」「第1回青葉ダンスアカデミー」の認定会から、
   暫定的に支援を開始した。
(6)「技術認定Q&A」の改善と「ダンスフェステェバル」「講習会」等で配布する。
(7)「技術認定アマルガメーション」のDVD、ビデオを積極的に販売する。
  ・「技術認定アマルガメーション」を広める。
(8)「県技術認定部会」「県技術認定会」に積極的に参加し、協力する。
   ・県技術認定部員の登録を「1名」から「2名」とする。
   
6.採点管理部
  (1) 横浜市連主催競技会に係る採点管理業務の実施
   (県PCの受け渡し業務および前日準備含む)
  ・第20回ベイサイドカップ争奪横浜市ダンススポーツ競技会(H22.6.6)
  ・第16回YOKOHAMA赤い靴杯ダンススポーツ大会(H22.9.19)
  ・第12回横浜市民選手権大会(H22.12.12)
  ・シルバースター横浜大会(H22.*.*)
  ・ねんりんピック、支部対抗選抜試合
  ・横浜市連後援競技会に係る採点管理業務の支援
(2) 神奈川県連主催競技会等に係る役員派遣
  ・第14回神奈川県大会(H22.4.4)
  ・第30回三笠宮杯(H22.10.24)
  ・第16回全国官公庁大会(H23.*.*)
  ・第13回東京オープン(H23.3.*)
(3) 神奈川県採点管理部会への出席
  ・全4回予定
  ・市採点管理部会実施、予定
(4) スケーティングシステム勉強会 及び 採点管理長資格者の養成
  ・スケーティング説明者勉強会 実施
  ・競技会運用および支援システム運用の効率化の研究と研修
(5) 競技会支援システムオペレータ 及び 運用資格者の養成
(6) その他
  ・横浜市連常務理事メーリングリストの維持管理
 
7.広報部
  (1)横浜市ダンススポーツ連盟が行う、各種事業等について、ホームページ等を利用して、
   広報活動を行う。
(2)現在運用中のホームページの維持管理を最優先するとともに掲載情報の更新を行う。
(3)現在のホームページをより多くの皆さんが求めているホームページにするために、
   アンケート等調査を行い、結果から、ホームページの更新を検討することとする。
(4)ホームページへの情報掲載方法の講習会を開催し、各部においても、ホームページ
   に情報を掲載できる人材を育成することとする。
(5)神奈川県ダンススポーツ連盟広報部会に参加し、県広報誌等の企画に参加する。
 
8.ジュニア育成部
  (1)ジュニア会員を増やす
  ・市連会員の皆さんにも、お子様お孫さん、ご近所さんへ積極的な声かけをして頂く
(2)三笠宮杯、フェスティバル、大会等の参加の機会を増やしアピールしてゆく
(3)瀬谷キッズ、中央キッズへの支援
(3)新ジュニアサークル立ち上げの協力支援
(4)年3回程度の部会開催 
 
7.組織検討委員会
  (1)年3回組織委員会を開催する予定。
(2)友の会の方向、継続審議予定。
(3)準会員の方向、継続審議予定。
 
8.会員拡大委員会
  活動目標  新規会員:250名勧誘目標
(1)神奈川県会員拡大委員会への出席
(2)各部との連携・協力事業の推進
(3)市会員拡大委員会の開催
  ・平成21年度は委員会未開催であったが平成22年度は4回開催目標
(4)各区の賛助会員への会員勧誘
  ・賛助会員は今年で終了なので会員になってもらう