県HP ダンスについて

   
ダンスとはなんでしょう。社交ダンス、競技ダンス、ボールルームダンス、ダンススポーツ、……。
ダンスを始めるには、ダンスの楽しみ方、といったダンスのあれこれを紹介します。
   
ダンススポーツとは  (社交ダンス?競技ダンス?)
  ダンススポーツは、社交ダンスから発展したニュースポーツです。
音楽に乗ってカップルが演技する美しく華やかなスポーツです。
かつて、コミュニケーションの手段だった社交ダンスが競技ダンスとして競われるようになり、やがて中国などを中心に世界中に普及していったことからIOCからの助言もあり、ダンススポーツという言葉に統一されました。
日頃から鍛えられた身体の能力と訓練された高度な技術でスピード、パワーに加え、音楽を身体で表現する芸術性とスポーツ性を兼ね備えたダンススポーツは、フィギュアスケートなどとともに近い将来オリンピック種目になることが期待されています。
社交ダンスとしては、ご存じの方とにとって、ダンススポーツって言うと、何? と感じる方も多いと思いますが、子供から障害者まで含め、生涯に渡って出来るスポーツです。
是非、みなさんも、始めてみませんか?
ダンススポーツの始まり
もともとはヨーロッパで「ボールルームダンス」として誕生しました。日本でも明治時代に鹿鳴館から広まり、戦後は、「社交ダンス」としてダンスホールを中心に広がっていきました。
こうした中、1977年4月に日本アマチュアダンス協会(JADA)が設立され、1999年には、それまでの組織を改組し、日本ダンススポーツ連盟が設立発足しました。
このときに、社交ダンスが関わっていた「風俗営業適正化法」から脱却し、生涯スポーツとして発展させるべく「ダンススポーツ」という言葉が使われ始めました。
「ダンススポーツ」は、世界に通用する言葉で、欧米各国、中国などを中心に、世界中に普及しています。
 
ダンススポーツの特徴
スポーツは、「身体」を強くし、健康を増進するだけでなく、爽快感や達成感、連帯感をもたらし、日常のストレス解消の手助けをしてくれます。
近年、こうした「心」の安定と豊かさが求められるようになっていますから、スポーツを楽しむことの重要性はますます高まっていくことでしょう。
ダンススポーツには、娯楽性、社交性、芸術性、スポーツ性などの要素がありますが、我々はその中でも特にスポーツ性に着目し、生涯スポーツとして、また競技スポーツとしてダンススポーツを楽しみ、その振興に努めています。
特にダンススポーツは、年齢、性別を超えて、手軽に安全に楽しめる生涯スポーツとしての特徴を持っています。
高齢化社会を迎え、生きがいと活力をもたらす生涯スポーツとしてのダンススポーツが果たす役割は、ますます重要になっていくと思われます。