JDSFが規定・推奨するフィガーとアマルガメーション

 
 JDSFが規定あるいは推奨するフィガーとアマルガメーション(参考)
  (用語)  
  ・フィガー いくつかのステップを連続させたものがフィガー
  ・アマルガメーション いくつかのフィガーを組み合わせたものがアマルガメーション
  ・ルーティン 競技会用や練習用に使う、決まり切ったアマルガメーションがルーティン
     


規程フィガー

下位級(4級戦~6級戦)の競技会において、基本を大切にする意味から、派手なバリエーションではなく、特定のベーシックステップで競いあうために決められたフィガー(ステップ)のこと。
グループ1とグループ2とあるが、今は区別して使うことはない。

技術認定用
標準アマルガメーション

技術認定における課題のアマルガメーション。
いずれも規程フィガーから構成されている。
ワルツ、タンゴ、ルンバ、チャチャチャの4種目で、グレード6からグレード1までの6階級がある


標準アマルガメーション
【1】

4級から6級の競技会で選手の参考とするために推奨したもの。
規程フィガ-を組み合わせたもので、比較的ポピュラーなアマルガメーションといえる。


標準アマルガメーション
【2】

3級以上の競技用に推奨するアマルガメーション。
ベーシックとバリエーションをに取り混ぜたもので、D級以上の競技会でも通用する。
上達のための指針を示すものであり、ハイグレード・コースの技術認定用標準アマルガメーションでもある。


JDSF
オフィシャル・フィガー

JDSFがダンススポーツを効率的かつ効果的に普及していくために、普及すべきフィガ-の範囲を明確にし、制定したもの。
(スタンダード5種目、ラテン5種目)
現在、オフィシャル・フィガーはあくまでも推奨程度。